「温泉トラフグ」 遠山郷で養殖、飯田で試食会

地域の話題

[ 2012年 4月 26日 木曜日 15時33分 ]

 飯田市南信濃振興公社(後藤修三理事長)が昨年11月から養殖に取り組んでいるトラフグの試食会が24日、同市内のホテルであった。運営しているかぐらの湯の温泉水を利用して、200匹を稚魚から試験的に養殖。刺身や鍋料理にして関係者らと味わい、特産品化に向けて決意を新たにした。

 塩化物泉を利用し、山で海のフグを育てようと、昨年11月、温泉近くに設けた試験養殖施設に直径2メートルの水槽を設置し、稚魚200匹を放流。先進的に温泉トラフグの養殖に取り組む栃木県那珂川町の夢創造と提携し、指導を受けながら管理してきた。

 出荷の目安となる約800グラムに成長したことから、試食会を企画。30匹を使って鉄刺やひれ酒、ふぐ酢、雑炊などを調理し、披露した。

 会場では海で育ったフグと食べくらべをする時間もあった。

 参加者たちは「どちらもシャキシャキとした歯ごたえがあっておいしい」「違いが分からない」「しっかりしたフグの味がする」などの感想を伝えあいながら試食。「身の引き締まり方が少し違う」と話す人もいた。

 試験が一定の成果を挙げたため、公社は2014年の本格出荷を目指して養殖数を2000匹に増やしたい考え。水槽の拡大や新設が必要となることから、「きょうを迎えることができて本当にうれしい」と語った後藤理事長は「県や市と相談しながら、遠山谷のブランド化に向けた新しい一歩を探りたい」と話していた。

 試食会前には「遠山郷に温泉とらふぐがやってきた」のタイトルの映像上映会があったほか、夢創造の野口勝明社長が「海なし長野県の特産品となるか・遠山郷温泉とらふぐ」と題して講演した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15