「災害発生時に役立てて」 信金がミニブックを配布

地域の話題

[ 2012年 3月 14日 水曜日 15時01分 ]

 飯田信用金庫(池田征人理事長)は12日から16日まで、本支店窓口で災害発生時に役立つ初期対応ミニブックを無料配布している。コンパクトサイズで身の安全の確保の仕方や火災への対応など災害時に最低限必要なことが確認できる。無くなり次第終了する。

 東日本大震災の発生から1年が経過したことを受け、防災意識向上を目的に全国の信用金庫で一斉に配布を開始。飯田下伊那地域も東海地震発生時には大きな被害が予想されることから、飯田信金でも「防災について考えるきっかけにしてもらいたい」と全24店舗で配布している。

 ミニブックはタテ約8センチ、ヨコ約5センチの12ページと財布に入るサイズ。「もしもの時の災害発生時の基礎知識」として地震、火災の対応からけが人、急病人への対応の仕方、災害伝言ダイヤル(171)、災害用ブロードバンド伝言板、緊急連絡先一覧などが掲載されている。

 飯田信用金庫では「時間の経過と共に大震災の怖さや危機意識は薄れていく。今一度思い起こすことに役立てば」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞