「秋葉古道歩き隊」が活動PR、デイサービス利用者らに

地域の話題

[ 2010年 8月 27日 金曜日 12時17分 ]

 伊那谷と静岡県浜松市を結ぶ秋葉街道を中心に、大鹿村内の旧道再生に取り組んでいる「秋葉古道歩き隊」は26日、大鹿デイサービスセンターを訪れ、地域のお年寄りらに活動を紹介した。

 村のコミュニティーチャンネルを通じ隊の活動などをまとめた映像を流したところ、視聴した利用者から「もっと詳しく知りたい」といった反響があり、副隊長の秋山光夫さん(68)が訪問。利用者ら12人と懇談した。

 秋山さんは、2007(平成19)年の隊発足から、伊那市境の分杭峠―飯田市上村境の地蔵峠の間約60キロを整備するまでの道のりを説明。旧道が塩の道と呼ばれたゆえんや、作業の苦労話を交えて語り掛けた。

 ほこら、社、地蔵など街道沿いの名所に触れると、利用者からは「子どものころは変わった地蔵もあった」「親から伝え聞いたことがある」などの声。街道にまつわるエピソードが次々に飛び出し、秋山さんは「新たな発見。ぜひ記録として残していきたい」と語った。

 また、秋葉街道再生に向けて取り組む他団体と一緒に作製したというDVDをプロジェクターを使って流し、秋山さんが解説を加えた。

 秋山さんは「当時のことについて文書でほとんど残っておらず、お年寄りの記憶が頼み。聞き集め、形として後世に残していきたい」と話していた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞