「蜜ろうアップル」をあゆみ園に委託、製造が本格的に

地域の話題

[ 2010年 4月 19日 月曜日 15時46分 ]

 6月5日に行われる「竹宵まつり百万人のキャンドルナイトin南信州」で家庭や店舗が参加するにあたり、統一アイテムとして初めて使用する室外用の「蜜ろうアップル」の製造が16日、飯田市下久堅南原の知的障害者通所授産施設「あゆみ園」で本格的に始まった。

 地元の蜜ろうで作ったリンゴ型のロウソクで、石油製品と違い燃やしてもCO2が出ない。直径3・5センチの大きさで赤、緑、原色の3種類計5000個を製造。1個300円、3個セット800円で「キャンドルナイトアンバサダー(大使)」を通じて販売する。

 実行委員会では、蜜ろうアップルの普及を通じてキャンドルナイトに参加する家庭や店舗(キャンドルナイトファミリー)の拡大を図るため、アンバサダーを募集している。1個につき50円を還元する。申し込み・問い合わせ先は、事務局のNPO法人南信州おひさま進歩(電話0265―24―4821)へ。

 蜜ろうアップルの開発は昨年12月、伊那市で蜜ろうキャンドルを作っている小松実治さんを招いて実演してもらったところ、香りが甘いと好評だったことから、実行委員会に提案しリンゴ型のロウソクを全国で初めて開発した。原料の蜜ろう(蜂の巣)は、実行委員会が飯田市内の2軒の養蜂家から150キロを購入し、あゆみ園に製造を委託した。

 あゆみ園では、不純物を漉(こ)した蜜ろうを溶かし、専用の着色剤を加えたうえで、小松さんに作ってもらったシリコン製の型に流し込み、冷蔵庫で固めてから整形して完成させる。3人前後の作業員で1日200個を製造する計画。蜜ろうアップルは1個30グラムで4時間は燃えるという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞