「遠山川」を観光資源に

地域の話題

[ 2021年 7月 3日 土曜日 13時11分 ]

 飯田市の遠山郷に在住する若者有志でつくる「遠山郷探検隊」(伊藤誠智代表)は3日、遠山川での川遊びアクティビティのオープニングセレモニーを、道の駅「遠山郷」で開いた。来年度の事業化に向け、本年度は小中学生らを対象にラフティングなどの体験教室を計画。遠山郷の新たな観光資源として、地域経済の活性化や雇用の創出を狙う。

 「小学校の遠山川での総合学習をきっかけに、川が好きになった」という伊藤さん(25)。父親の影響で中学生の頃からラフティングに関わりを持つようになり、短大時代にはガイドの研修を受けた。

 地元で自動車整備の仕事に就くかたわら、「川の魅力や川遊びの楽しさを子どもたちに伝えたい」と、2018年から園児や小学生を対象とした川遊びの安全教室をスタート。20年には「自分の好きな地域で好きなことを仕事にしたい」と、小中学校の同級生らと探検隊を結成し、安全教室の他、地域のゲストハウスとの連携による沢登りツアーやラフティング体験などの企画運営を行った。

 「遠山郷で暮らし、仕事をしたい」という若者の思いを応援しようと、南信州山岳文化伝統の会が活動を支援。県みらい基金を活用した、ラフティングボードやヘルメット、ライフジャケットなどの装備品整備や研修費用の助成をサポートした。

 同会顧問の大蔵喜福さん(70)は「若者らの地域で暮らし続けたいという強い思いに賛同した。山と川、遠山郷の自然を生かした観光事業で、一緒に地域を盛り上げていきたい」と話した。

 伊藤さんは「仕事がないから戻ってこれないという声をよく聞くが、仕事は自分たちで創り出せるということを示したい。川遊びを通じ、子どもたちに遠山郷の素晴らしさを伝えられたら」と力を込めた。

 ラフティングコースは遠山川下流、天龍村との境付近の約2.5キロで設定。激しい流れはなく、保育園児から大人まで楽しめるのが特長という。

◎写真説明:セレモニーでボートに試乗する参加者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22

コロナ対策 検査キット2万4000セット無料配布へ

7月28日水曜日15:38

リニア残土運搬新案に松川町「具体的な安全対策を」

7月27日火曜日15:25








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞