「適正な森林管理の継続を」

地域の話題

[ 2020年 8月 1日 土曜日 13時37分 ]

 信州大学農学部の植木達人教授らが7月30日に根羽村を訪れ、村が2017年7月に取得した森林認証に関する現地調査を実施した。村森林組合や役場職員、県林務課の職員らで構成する根羽村SFM森林認証協議会が同行。害獣防護柵を設置した私有林や認証材を活用して建てた住宅など村内8カ所を視察した。

 小栃地区の私有林では定植間もないスギを1本ずつ筒状のシェルターで覆う、害獣対策をとっている。村森林組合の今村豊参事はシカによる被害が多い状況を伝えた上で「対策により食害は減ったが、シェルターに体当たりするシカがいる」と説明。植木教授は「それについてもきちんとした対策を検討していく必要がある」と答えた。

 田島地区にある認証材を活用した村営住宅や万場瀬地区の里山林の整備状況なども視察。1日かけて村内8カ所を回った。

 森林認証は熱帯雨林の破壊などの違法伐採を止める手段として、適正に管理された森林を認証する制度として始まった。FSCとPEFCの2つがあり、根羽村が取得したSGEC(日本の国内認証制度)はPEFCとの相互認証になっている。SGECの認証基準は7基準36指標222項目という膨大な内容。木材の安定供給や計画・記録の保持などのほか、生物多様性、水と土の保全、モニタリング、地域社会への貢献、下流域との交流などが重要視される。

 SGECには適切な森林の管理を認定するFM認証と、FM認証を受けた木材の製品を適切に管理・加工したと認定するCoC認証があり、村はいずれも17年に取得。今回はFM認証の現地調査が行われた。

 大久保憲一村長は「適正な森林の管理、認証材の加工をこれからも継続していきたい」と話した。

◎写真説明:現地調査の様子(小栃地区にて)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞