「鯖ずし祭り前に基本を」三穂公民館で作り方講習

地域の話題

[ 2010年 10月 4日 月曜日 15時45分 ]

 「鯖(さば)ずし祭り」とも呼ばれる伊豆木八幡宮秋季大祭(7、8日)を前に、飯田市三穂で1日夜、郷土料理「鯖ずし」の作り方講習が開かれた。地区内の主婦16人が集まり、三穂食生活改善推進協議会のメンバーと調理の基本を確認し合った。7日には、各家庭のこだわりレシピを披露し合う「我が家のさばずし祭り」(実行委員会主催)が同館で開かれる。

 伊豆木では宵祭りの7日は神社にサバの姿ずしが奉納され、家庭でも昔からサバのちらしずしを食べる風習が受け継がれている。鯖ずし講習は「伊豆木だけでなく、三穂地区内にある多くの家庭でも作ってもらえるように」と、数年ぶりに開いた。

 浅野道代支部長らは、調理法が家庭によって違うことを考慮しながら、サバのおろし方や酢に漬ける時間、生臭くならないこつなどを分かりやすく指導。参加者は調理をしながら各家庭で使う薬味、特徴などをじょう舌に語り合った。

 講習会の参加者は「嫁いで長いけれど、家族にサバが苦手な人がいたので今まで作らず、教えてもらえる機会もなかった。これからは家で作りたい」「ほかの家庭の味も知りたいと思って参加したところ、同じ思いの人もいて、発見も多かった」と話していた。

 浅野さんは「鯖ずしは皆さんの地道な努力で広く知られるようになり、専門家に味も認められるなどして盛り上がってきた。オーソドックスな作り方をもとにそれぞれで工夫し、若い主婦にも伝えてくれたら」と期待を語った。

 「我が家のさばずし祭り」は午後3時から5時まで、同館学習室で開く。各家庭に伝わるサバの仕込み方から盛り付けまでのレシピを紹介するほか、実物も展示する予定。後日レシピ集を発行する計画もある。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞