「龍江かるた」で地域を学習

地域の話題

[ 2012年 2月 10日 金曜日 12時08分 ]

 飯田市龍江公民館はこのほど、龍江かるた・百人一首大会を開いた。保育園から小学校6年生まで45人が訪れ、小学生は小倉百人一首とともに、地域教材の龍江かるたで地域を学んだ。

 龍江かるたは同公民館が1996年に発行。龍江を自然や特色ある歴史、名所旧跡、産業などを題材にした100枚の句・挿し絵・解説文があり、楽しみながら龍江を学習できる。小学生の全戸に配布されており、龍江かるたを遊ぶきっかけづくりにとかるた大会も行われている。

 保育園児は別室で絵かるたで遊び、小学生は百人一首と龍江かるた大会。前半の百人一首では木下俊亮館長から百人一首の由来や上達の秘訣などを教わった。

 学年ごと3―4人で8グループに分かれてちらし取りで対戦。低学年の子どもたちは下の句で札を探し一生懸命手を伸ばし、上級生の中には上の句で札をとってしまう子も多くいた。

 続いての龍江かるたは取り札に「五七五」のうち「七五」の部分しか書かれていない。各家庭でしっかりと慣れ親しんでいる子どもは、絵柄などをしっかり覚えており最初の一節のみで取ってしまうほど。1人で70枚ほどを取ってしまう児童もあった。

 最後にビンゴ大会を開催。札を多く取った子も少なかった子も景品のお菓子をもらって楽しいひと時を過ごした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞