「155本の花トンネル」大宮通りソメイヨシノが満開に

地域の話題

[ 2010年 4月 7日 水曜日 15時52分 ]

 桜前線が歩を早め、南信州広域連合が飯田地方の開花宣言を発表してほぼ2週間。各地で次々と桜が咲き始め、県南の春を本格化させた。飯田市大宮通りの桜並木も見ごろを迎え、散歩をしながら桜見物を楽しむ市民の姿でにぎわっている。

 大宮通りでは、飯田お練りまつり(先月26―28日)時にはすでに満開を迎えた並木南端のエドヒガンザクラをはじめ、大宮諏訪神社から南に400メートルにわたり伸びる約150本のソメイヨシノは、4月に入ってから気温が低めで推移し、満開になるまで多少時間がかかった。

 しかし4日、同並木で開かれた桜祭りでは絶好のタイミングで満開に。現在、夜はちょうちんの点灯が行われており、昼夜問わず楽しめる幻想的な「花のトンネル」に大勢の見物客が訪れている。

 桜並木は、1947年の「飯田大火」で荒廃した町の復興を願い、植樹したのが始まり。現在は大宮神社から市公民館前までの約1キロにソメイヨシノを中心とする155本が植えられ、周辺自治会でつくる保存会が樹木の管理や環境整備を行っている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞