いいだ夜の街オリエンテーリング

地域の話題

[ 2016年 5月 21日 土曜日 8時42分 ]

 飯田の夜の街を元気にしようと、飯田民主商工会(海老沼由裕会長)=事務局・同市松尾新井=を中心とする実行委員会が2003年10月から開催している第21回「いいだ夜の街オリエンテーリング」が19日夜、飯田市の中心市街地で行われた。

 1日の仕事を終えた参加者約850人が、数人ずつのグループに分かれ午後7時に中央公園をスタート。受付でチケットと引換えに渡されたコース表で指定された3つか4つの店を順にまわり、飲食を楽しみながら交流を深めた。参加店は85店を数えた。参加者は店でコース表を提示し、サインをもらって同9時までに同公園にゴールすると抽選でプレゼントが贈られた。

 夫婦3組で前回に続いて参加した羽場の男性さん(68)は「飲み歩きながら飯田の夜の街をめぐるのが楽しみ。近所の夫婦に声を掛けたら楽しかったと言うので今回も参加した。隣近所のコミュニケーションになる」と語った。

 バスケットボールを愛好する女性4人のグループが最初に指定された中央通りのクラブ。会社員の女性(55)は「こういうお店にも初めて来れるから楽しい。毎回いろいろなお店に行けることを楽しみに参加している。さまざまな出会いがあって楽しい」、クラブのママ(43)も「いろんな人と出会い話ができる。女の人も盛り上がる」と話した。

 事務局によると、当初は年1回、300人ぐらいで始まったが、「もっとやってほしい」という声を受け、07年から年2回に増やした。コースも当初は5店まわりだったが、2時間でまわるのは参加者も飲食店も大変なことから、4店となり、その後さらに3店にしたが、物足りないという声もあり、前回から3店と4店の2つのコースを参加者と店の希望に応じて設けている。

 海老沼会長は「始めた当時、夜の街がさみしいという声があり、何かいい集客の方法はないかと考え、いろんな店を知りたい参加者に店を紹介し媒介するイベントを企画した。口コミでどんどん増えていき、想像以上に伸びた。このクラスのイベントとしては全国一と評判になるまでになった。これをヒントに店が自分たちで考えていくことが望まれる。これだけのエネルギーがあるのだから」と願った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10