いいだ夜の街オリエンテーリング

地域の話題

[ 2011年 10月 27日 木曜日 9時38分 ]

 飯田市街地(通称・丘の上)の飲食店を巡るイベント「いいだ夜の街オリエンテーリング」が25日夜に繰り広げられた。約950人が参加し、居酒屋や食堂、バーやスナックなど多彩な95店が協力。参加者たちはグループごとに指定の4店を回り、特別メニューや店の雰囲気を味わったり、グループ同士の交流を楽しんだりした。

 飯田民主商工会(海老沼由裕会長)が「丘の上」の活性化を目的に企画し、12回目を迎えた人気イベント。参加者たちは初めてを含む多彩な飲食店に足を運べ、店側にとっても新規客にPRできる好機となっており、参加者数、協力店数ともに毎回増えている。最近は他県からの視察も相次ぎ、今回は東京都北区からの参加があった。

 受付会場の同市中央公園には、午後6時40分からの出発式を前に参加者たちが続々と集合。チケットと引き換えに、ランダムに指定された4店舗の表や協力店の紹介地図を受け取った。同7時のスタートとともに笑顔で1店舗目へ繰り出し、到着後は待ちわびた「乾杯!」の声を響かせた。

 そろって4、5回は参加しているという市内の女性3人組は「毎回、きょうはどんなお店に行けるのかが楽しみ。スナックは初めて」「3000円のチケットで4軒の特別メニューを味わえるのはお得」と笑顔で話した。

 出発式で海老沼会長は「楽しい出会いがあるイベント。大いに楽しみ、飯田の街を盛り上げてほしい」と期待。5月の前回開催時に行った東日本大震災の募金で6万2241円が集まり、飯田民商の救援部隊が現地へ届けたことも伝え「復興には長い道のりがあるが、息の長い支援を続けていこう」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞