かごいっぱいの栗に笑顔

地域の話題

[ 2020年 9月 16日 水曜日 15時36分 ]

 下條村睦沢山田河内の細野原高原農場組合(竹村宗次組合長)は15日、運営している栗農園の開園に合わせ、下條村保育所の年長園児31人を栗拾いに招待した。あちこちに落ちている栗を夢中で拾い集めた園児らは、かごをいっぱいにして「たくさん持って帰ったら、お父さんやお母さんも喜ぶかな」と笑顔を見せた。

 住民有志らが観光農業を創出しようと、かつての桑畑1・8ヘクタールに栗を植栽。20年ほど前に約700本を植え、2007年に開園した。現在は、森早生や銀寄、丹沢など早生から晩生まで5種類、約500本を管理する。

 この日園児らは、早生種の森早生のほ場で栗拾いをした。竹村組合長(69)から「小ぶりだけど甘くておいしい品種。栗ご飯などで味わって」と説明を受けると、「栗ごはん食べたい!」と目を輝かせ、いがに注意しながら実を取り出し、次々とかごに入れていった。

 女子園児(5)は「たくさん拾うことができて楽しかった。栗は好きなので、食べるのも楽しみ」と笑みを浮かべた。

 秋の味覚とともに南アルプスの眺望も楽しむことができる場所として、毎年中京圏を中心に多くの観光客が訪れる同農場。今年は新型コロナウイルスの影響で、観光バスなどほとんど予約が入っていないという。

 竹村組合長は「長雨や高温の影響が懸念されたが例年通りの時期に開園でき、実付きの良い豊作。県外からの利用はまだまだ見込めない状況だが、近隣の皆さんに秋の味覚を楽しんでもらえたらうれしい」と話した。

 10月中旬まで開園の予定。時間は午前10時~午後3時まで。入場料金1000円で1キロ詰め放題。問い合わせは同農場の亀割さん(090・4596・4954)または伊藤さん(090・5588・8875)へ。

◎写真説明:栗拾いを楽しむ園児ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞