かわいらしい稚児行列、天龍峡「飯田春の観光まつり」

地域の話題

[ 2010年 4月 20日 火曜日 9時40分 ]

 飯田春の観光まつり天龍峡花祭りは18日、飯田市が誇る名勝天龍峡一帯を舞台に開かれた。健康マラソン大会に加え、天龍峡龍神の舞や稚児行列に踊り、ステージでの地元の子どもたちの発表や、あざれあでの信州大そば祭りなどさまざまな催しが展開され終日にぎわった。

 オープニングセレモニーでは幸運を招くとされる龍神の舞が、激しい爆竹と銅鑼の音とともに力強く演舞。子どもたちによる小さな竜も登場した。その後、龍神は川路や龍江の地区内を練り歩き終日あたりお祭りムードに包まれた。

 第25回を迎えた健康マラソン大会では、車イスランナーを含む938人のランナーが力走。新天龍橋や天龍峡再生道路もコースに加わり、天龍峡桜街道の八重桜や天竜川などの景色を眺めながら5キロと10キロのコースを力走した。

 健康マラソン大会終了後、主会場のお祭り広場では中学生の今田人形や小学生の金管バンドなど地元の子どもたちを中心にさまざまなステージ発表。会場に隣接する天龍峡活性化センターあざれあでは飯田そばの会による信州大そば祭りも開かれ、有段者の手打ちによるふくろふのりをつなぎにした信州大そばが振る舞われた。

 天龍峡周辺の4保育園の園児が参加した稚児行列は、龍峡亭から地区内を練り歩き、会場に到着。保護者や見物客、観光客など大勢の人々に見守られながらかわいらしく花祭りの踊りを披露していた。

 

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞