かわらんべが小川で魚つかみ講座

地域の話題

[ 2013年 5月 27日 月曜日 9時05分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべは25日、かわらんべ講座「小川で魚つかみ」を開催した。親子連れなど80人余が訪れ、かわらんべ水辺の楽校内の小川で、川魚やザリガニなどの生き物を捕まえた。

 同講座は小学2年生以下の子どもと保護者を対象に行われた。集まった親子連れは、網を手に小川に足を入れると、水草の下に網を入れて草を揺らし、魚を網の中に追い込んだ。

 魚やザリガニ、ヤゴなどの生き物を捕まえると子どもも親も声を上げて喜んだ。捕まえた生き物は、カワムツやカワヨシノボリ、ドジョウといった魚のほか、アメリカザリガニ、ザザムシなどの水生昆虫など。水槽に集めて生態について話を聞くと、最後は小川に放流した。

 会場の小川は、天竜川から上ってくる魚が留まるよう工夫。石などを置いて渓流のように流れに緩急をつけ、川辺に水草を茂らせている。

 かわらんべ教育担当の男性は「近年は水辺の生き物を捕まえられるような場所は少なくなったが、子どもは本来川遊びが好きなもの。親子でこうして体験を共有できることも楽しいことだ」と話していた。

 同日午後は小学4年生以上の子どもを対象に天竜川上流河川事務所の主催で久米川を会場にした魚釣りの講座も開催。こちらも70人余が参加し、水辺の自然に親しんだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞