かわらんべが小川で魚つかみ講座

地域の話題

[ 2013年 5月 27日 月曜日 9時05分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべは25日、かわらんべ講座「小川で魚つかみ」を開催した。親子連れなど80人余が訪れ、かわらんべ水辺の楽校内の小川で、川魚やザリガニなどの生き物を捕まえた。

 同講座は小学2年生以下の子どもと保護者を対象に行われた。集まった親子連れは、網を手に小川に足を入れると、水草の下に網を入れて草を揺らし、魚を網の中に追い込んだ。

 魚やザリガニ、ヤゴなどの生き物を捕まえると子どもも親も声を上げて喜んだ。捕まえた生き物は、カワムツやカワヨシノボリ、ドジョウといった魚のほか、アメリカザリガニ、ザザムシなどの水生昆虫など。水槽に集めて生態について話を聞くと、最後は小川に放流した。

 会場の小川は、天竜川から上ってくる魚が留まるよう工夫。石などを置いて渓流のように流れに緩急をつけ、川辺に水草を茂らせている。

 かわらんべ教育担当の男性は「近年は水辺の生き物を捕まえられるような場所は少なくなったが、子どもは本来川遊びが好きなもの。親子でこうして体験を共有できることも楽しいことだ」と話していた。

 同日午後は小学4年生以上の子どもを対象に天竜川上流河川事務所の主催で久米川を会場にした魚釣りの講座も開催。こちらも70人余が参加し、水辺の自然に親しんだ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞