かわらんべでアカエリヒレアシシギの幼鳥保護

地域の話題

[ 2010年 9月 18日 土曜日 12時04分 ]

 飯田市川路の総合学習館かわらんべで15日、ヒレアシシギ科の渡り鳥、アカエリヒレアシシギの幼鳥が保護された。鳥の専門家によると、飯田下伊那地域で姿が確認された例はなく、極めてまれだという。衰弱していたものの、小魚などの餌を与えたところ元気を取り戻したため、17日にも放鳥するという。

 アカエリヒレアシシギは、ヒレアシシギ類ヒレアシシギ科に属す、成鳥の体長が19センチほどの小型の渡り鳥。北半球の極北部で繁殖し、熱帯地域で冬を越す。くちばしが細く、青黒色の背に橙黄色の線があるのが特徴だ。

 日本でも旅鳥として姿が確認されているものの、海洋付近が主で、日本野鳥の会の小木曽博介さん(81)=同市龍江=によると、飯伊では報告例がないという。

 天竜川に接するかわらんべの駐車場で、飛び立てずにうずくまっているところを同館の青木成人館長が保護。16日に小木曽さんが種類を特定した。

 小木曽さんと同館広報員の柳生将之さんは「南へ渡る途中、台風などに巻き込まれて群れから離れ、天竜川に避難したのでは」と見ている。

 図鑑などで生態を確認し、小魚などを与えたところ、少しずつ体力が戻り、元気に動き回るようになった。天気の回復を待ち、17日にも放鳥するという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞