かわらんべで七草がゆ作り講座

地域の話題

[ 2020年 1月 11日 土曜日 14時31分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべは11日、新春講座の七草がゆ作りを開いた。親子ら約50人が参加し、摘み草と調理を体験した。

 七草がゆは▽セリ▽ナズナ▽ゴギョウ(ハハコグサ)▽ハコベラ▽ホトケノザ(コオニタビラコ)▽スズナ(カブナ)▽スズシロ(ダイコン)―の7種類の草で作ったおかゆを歳神様に供え、一緒に味わって一年の無病息災を祈る。

 参加者はかわらんべ近くの野原に出てハコベラとナズナを摘み、どの野草がどこに生えているかを学んだ。

 調理は地域の協力員8人と一緒に行った。ゴギョウとホトケノザは協力員が用意し、スズナとスズシロはかわらんべの畑から摘んだ。

 「七草なずな とうどの鳥が 日本の国へ 渡らぬ先に あわせてばたばた」の唱え歌を協力員から教わり、皆で歌いながらトントンと刻んだ。

 七草がゆは初めてという座光寺の小学3年生、男子児童(9)は「七草の意味が知れて良かった」と喜んだ。

 七草がゆを食べた後はコマ作りとコマ遊びの正月遊びを楽しんだ。

◎写真説明:唱え歌のリズムに合わせ包丁で刻む参加者(かわらんべで)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞