かわらんべで草餅づくり

地域の話題

[ 2011年 3月 28日 月曜日 11時04分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべは26日、2010年度の締めくくりとして恒例の草餅づくりを行った。子どもから大人まで約70人が訪れ、水辺の楽校周辺で摘んだヨモギを草餅にして味わった。

 ヨモギの草餅づくりは年度末に行われる恒例行事。ことしはインフルエンザなどで参加人数が若干少なかったものの、小学生から大人まで多くの人が訪れた。

 訪れた親子連れは、かわらんべ近くでヨモギ摘み。摘んだヨモギの葉は枯れたものやごみを取り除いて洗った。水辺の楽校ではかわらんべ協力員がもち米を炊いており、5升の餅をついた。

 子どもたちも「よいしょ、よいしょ」と元気よく杵を振るった。白い餅にゆでたヨモギを入れると、緑色に染まって草餅に。出来上がった餅を食べながら、1年間の講座を振り返った。

 今年度かわらんべでは年間106回のかわらんべ講座を開催。約3300人が訪れた。また、団体向けに要望に応じて行うリクエスト講座を90団体、約5000人が利用したという。

 かわらんべ教育担当の堤久さんは「通常の講座だけでなく、保育園や小学校、高齢者クラブなどのリクエスト講座も利用していただいた。さらに多くの方に利用していただければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞