泥だらけでメダカ捕り かわらんべの人気講座

地域の話題

[ 2015年 6月 12日 金曜日 13時40分 ]

 飯田市川路の天竜川総合学習館かわらんべでこのほど、人気講座の「メダカ捕りと飼育」が開かれた。親子など100人余が参加して、かわらんべ近くの池で泥だらけになってメダカを追いかけた。

 初夏の水辺で楽しむ親子企画。メダカを捕るための網やバケツを手にした子どもたちは、長靴をはいたり素足になって水深20センチほどの池の中に次々と入った。

 泥に足が埋まっていくと「ぬるぬるし、気持ちいい」と大喜び。高学年の子どもたちは池の中央部までどんどんと進んでメダカを捕り、低学年の子どもたちも岸に近い場所で水遊びを楽しんだ。

 メダカはかわらんべに持ち帰り、飼育容器作りを行った後、飼い方の学習会を開いた。

 かわらんべでは今後もさまざまな催しを企画している。20日午前9時からは、未満水から300年になる節目に「大洪水に学ぶ」講座と現地見学会を開く。25日午後1時半からは「newかわらんべウオーキング」、27日午前9時からは、水中メガネで水生生物の観察と魚スケッチを行う「水生生物観察と子どもカメッチ塾4」を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio