さらしでマスクづくり

地域の話題

[ 2020年 4月 1日 水曜日 16時25分 ]

飯田広域シルバー人材センター(澤栁忠夫理事長)の会員3人が3月31日、センター運営のつどいの広場「ゆるり飯沼」(飯田市上郷飯沼)で「さらし」を使ったマスク作りをした。閉館中の施設の再開時に利用者へ配布し、家庭でもできる簡単な製法を伝えるという。 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクが品薄になっている状況を踏まえた。マスクの材料も入手が難しくなっているため、「家に眠っている腹帯やさらしを活用できたら」と、3月25日に活動を始めた。 一反のさらしから40センチずつを切り取り、縫わずに折りたたんで、結んだニットのひもを通すだけの工程。製作の段階で簡単に大きさを調整できる。熱湯消毒をすることで、布巾やけがの際のガーゼとしても使用できる。 これまでに作ったマスクは約50枚。同センターで子育て支援を担当する田中恵美さんは「施設を訪れる利用者の親子に、来てくれた感謝の思いをこめてプレゼントしたい」と話した。 つどいの広場は市の子育て支援の拠点。同センターが運営する「ゆるり飯沼」は2014年の開設で、未就園児と保護者が集っている。 閉館は感染症拡大防止のためで、再開時には家で簡単に作れる「さらしマスク」として配布し、作り方を多くの人に伝えたいとしている。 ◎写真説明:マスクづくりをする会員

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞