さらしでマスクづくり

地域の話題

[ 2020年 4月 1日 水曜日 16時25分 ]

飯田広域シルバー人材センター(澤栁忠夫理事長)の会員3人が3月31日、センター運営のつどいの広場「ゆるり飯沼」(飯田市上郷飯沼)で「さらし」を使ったマスク作りをした。閉館中の施設の再開時に利用者へ配布し、家庭でもできる簡単な製法を伝えるという。 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクが品薄になっている状況を踏まえた。マスクの材料も入手が難しくなっているため、「家に眠っている腹帯やさらしを活用できたら」と、3月25日に活動を始めた。 一反のさらしから40センチずつを切り取り、縫わずに折りたたんで、結んだニットのひもを通すだけの工程。製作の段階で簡単に大きさを調整できる。熱湯消毒をすることで、布巾やけがの際のガーゼとしても使用できる。 これまでに作ったマスクは約50枚。同センターで子育て支援を担当する田中恵美さんは「施設を訪れる利用者の親子に、来てくれた感謝の思いをこめてプレゼントしたい」と話した。 つどいの広場は市の子育て支援の拠点。同センターが運営する「ゆるり飯沼」は2014年の開設で、未就園児と保護者が集っている。 閉館は感染症拡大防止のためで、再開時には家で簡単に作れる「さらしマスク」として配布し、作り方を多くの人に伝えたいとしている。 ◎写真説明:マスクづくりをする会員

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞