ちょうちん掲げ元気に 千代で河鹿がえる祭り

地域の話題

[ 2017年 7月 3日 月曜日 15時41分 ]

ちょうちんを掲げて歩く子どもら(千代で)

 飯田市千代で1日、第22回河鹿(かじか)がえる祭り(同実行委員会主催)が開かれ、会場の米川公会堂周辺が多くの家族連れでにぎわった。カジカガエルがいる一級河川・米川沿いを歩く「ちょうちん行列」も盛大に行われた。

 辺りが暗くなるのを待って始めたちょうちん行列には、千代と千栄を中心とした多くの子どもたちが参加。150個のちょうちんを子どもらに貸し出した。

 浴衣姿の子どもたちは、先導役の大人にならい「ちょんちょ(ちょうちん)がついた ヨーイヨーイ」と大きな声で唱えながら、竹宵が照らす米川沿いの道を練り歩いた。

 来賓と報道関係者は「風情のある祭りにしたい」という主催者の要望に応え、ほぼ全員が浴衣で参加。主会場に設けた夜店は夕方からにぎわった。

 河鹿がえる祭りは「ふるさとへの愛着と環境意識を育もう」と始まり、一集落の催しから地区全体の祭りに発展した。

 年間を通してカジカガエルがいる地域をアピールしようと、地区内の各集落にはこのほど、ムトス飯田の補助金を活用して作った「河鹿がえるの里」のアルミ看板20枚が設置された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞