つどいの広場「ゆるり飯沼」開設

地域の話題

[ 2014年 10月 20日 月曜日 9時11分 ]

 未就園児とその保護者が集って交流したり、子育て相談ができるつどいの広場「ゆるり飯沼」が17日、飯田市上郷飯沼の上郷地域休養施設内に開設された。公益社団法人飯田広域シルバー人材センター(田中義人理事長)が地域の子育て支援を目指し、市の委託を受けて運営。オープン当日には記念のミニイベントが開かれ、多くの親子連れでにぎわった。

 ゆるり飯沼は「ゆっくりと息抜きをして楽しんでもらいたい」という願いを込めて命名された。三世代交流をコンセプトとし、子どもたちの祖父母世代に当たる同センター会員が、子育てアドバイザーとして2人常駐し子育て相談に応じたり遊びの支援などを行う。隣接する上郷デイサービスセンターさくらさくらの利用者との交流も検討している。

 市が所有する上郷地域休養施設1階の24畳の和室を交流スペースとし、お楽しみ会や子育てに関する講習、勉強会なども企画。今回の開設により、市内の常設型のつどいの広場は9カ所となった。

 オープン初日に開いた開所式であいさつに立った田中理事長は「センターとして地域の子育て支援に貢献したいと準備を進めてきた。子育てや人生経験豊富なスタッフが対応するので大いに活用してもらえたら」と語った。

 続いてオープン記念イベントを開催。親子連れ約20人が訪れ、上郷図書館司書による紙芝居や絵本の読み聞かせ、パネルシアター、手遊びなどを楽しんだほか、プレゼントを贈呈された。

 ゆるり飯沼は毎週火曜日から土曜日(土曜日は隔週予定)、午前10時から午後3時まで開所。利用無料。問い合わせは同センター(電話0265・22・8690)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio