にこにこステージ27 手遊びや楽器演奏も

地域の話題

[ 2013年 9月 13日 金曜日 12時29分 ]

 飯田文化会館子育て支援事業「にこにこステージvol.27」(実行委員会、飯田文化会館主催)が11日、飯田市高羽町の飯田人形劇場で開かれた。2回公演に多くの家族連れが訪れ、ピアノとエレクトーンの演奏や歌、手遊びなどを楽しんだ。

 子どもたちが生の舞台芸術に親しむとともに、親子の絆を深める機会にしたい―と企画し、27回目。会場のステージには、月見団子に見立てたウサギや満月、ススキなどの飾りがあしらわれ、秋をイメージした装いに。親子でリラックスして鑑賞できるよう、床にカーペットを敷いた他、荷物を置くスペースを設けたり、演奏中にも出入りできるよう配慮している。

 今回は、飯田下伊那地域で演奏活動を行いながらヤマハ音楽教室システム講師を務める、三浦萌黄さんと村澤桃子さんが出演。優しい語り口で子どもたちに呼び掛けながら、クラシックや童謡、ジブリ音楽など9曲を披露した。

 来場者は演奏とともに歌と手遊びを楽しんだり、リズムに乗って手拍子をしたり。最後にドングリの飾りが付いた手作りの楽器が子どもたちにプレゼントされると、ジブリ音楽のメドレーと一緒に演奏。子どもたちは大喜びで楽器を振り、シャンシャンと音を鳴らして楽しんでいた。

 次回の「にこにこステージ」は12月頃に行われる予定。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)