はんてん贈り続けて30年

地域の話題

[ 2020年 2月 19日 水曜日 15時47分 ]

 飯田市箕瀬町の大場君江さん(85)は30年にわたりはんてんを作り、高齢者に贈り続けている。感謝の言葉や笑顔が生きがいにつながっている。

 友人の夫が脳梗塞になり「ジャンパーに手が入らない」と悲しんでいることを知り、はんてんを作ったところ喜んでくれた。これがきっかけで高齢者施設に贈るようになり、市社会福祉協議会を通じて毎年約30着を届けている。

 布はもらった古い着物を使用し、中に綿を入れている。1着仕上げるのに1週間かかるという。体格を考慮し、サイズを変えている。

 袖ありの他、袖なしも作る。車いすを動かす際や食事、パソコン使用の際に邪魔にならないと好評だ。体にフィットするよう肩の部分を斜めに下げた形にし、動きやすいように襠(まち)を付けている。

 絹を引き伸ばして作った真綿も入れているため、綿が切れず丈夫なのが特長だ。真綿は群馬県の富岡製糸場付近に住む人が送ったもの。宅配物を包む新聞紙に大場さんの記事を見つけ、近所から真綿を集めてくれたという。

 阪神淡路大震災や東日本大震災が発生した際には、約20着を被災地へ。昨年の台風19号被害でも「少しでも助けになれば」と25着作り、長野市に送った。

 利用者から送られたたくさんの礼状に「文や写真を見て、こんなに喜んでもらえるなんてとうれしくなり、こちらが元気をもらっている」。

 6年前に他界した夫の正志さんが、着物のアイロンがけなどを手伝ってくれていた。最近は腰が痛いが、友人3人が綿入れを助けてくれている。「多くの人の支えのおかげでできている」と感謝。「少しでも人の役に立てればと始めたけれど、今は生きがいになっている。これからも作り続けたい」と笑顔で話した。

◎写真説明:大場さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞