ひな人形トンネル登場 2000体くぐって「幸せに」 

地域の話題

[ 2012年 1月 14日 土曜日 13時12分 ]

 子どもの健やかな成長を願う「ひなのつるし飾り」2000体が、根羽村の複合施設「ネバーランド」の通路に15日からお目見えする。トンネル状につるしたひな人形をくぐれるよう飾り付けたほか、小さな窓に目を当てて鑑賞する「のぞき飾り」、伝統の土びななどを4月3日まで公開する。

 つるし飾りは、阿智村昼神温泉郷の旅館「石苔亭いしだ」の能舞台に展示され、毎春多くの人が鑑賞しているのと同じ手作り品。「車社会の構図が変わりつつある中、昼神と連携することで下伊那西部に多くの人が訪れるように」と初めて展示した。

 間接照明で照らされたひな人形のトンネルを抜けた先のトイレ前には、金色の清掃用具を持った「トイレの神様」の創作びな、三河から伝わった土びなを展示。500体の人形を小窓から見る「のぞき飾り」はレストラン内にあり、ネバーランドオリジナルキャラクターのシカとイノシシ、ブタのひな人形も加えるなど、遊び心が感じられる。

 13日のオープンセレモニーでつるし飾りをくぐった大久保憲一村長は「これはすばらしい。インパクトがある」と笑顔。企画担当者は「寒い時期に少しでも心がほっこりするよう、なるべく大勢の人にくぐってほしい。この地から元気を発信できたら」と話していた。

 展示期間中は温かいソフトクリーム、ミルク餅など村の素材で作った特別メニューを提供する。石苔亭いしだの展示は16日から。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞