まちなか支援ネットがチャレンジショップ

地域の話題

[ 2013年 2月 22日 金曜日 9時55分 ]

 いいだ応援ネットイデア、飯田まちづくりカンパニー、飯田商工会議所、飯田市など6団体でつくる「飯田まちなか創業支援ネットワーク」(会長・伊藤昇イデア理事長)は23日、創業への技術支援や地域コミュニティーの創造・再生などを目指し昨年6月から取り組んできた「飯田まちなか空き店舗再生創業塾」の集大成として、同市本町にチャレンジショップ「本町壱番館」をオープンする。

 同ショップでは一つの空き店舗を利用し、同塾の受講生のなかから選ばれた6人が共同店舗を展開(うち1人は3月後半から参加)。必要最小限の工事で内装は極力塾生たちの手づくりとし、創業に向けた実験的取り組みを重ねることで顧客反応を確かめるなど、創業希望者が手応えをつかむ機会として位置付けている。また、「飯田ブランド」として銘打つことのできる商品を必ず置くこともコンセプトの一つ。9月末までの営業予定で、以降は継続や出店者の変更、新たな場所での創業なども含め検討していく。

 21日、オープンに先立ちりんご並木のエコハウスで開かれた会見には、出店者らが出席し、それぞれ意気込みを語った。

 また、伊藤理事長は「後継者問題や経済状況などから空き店舗が増えるなか、店舗所有者と出店者とを仲介する役割をネットワークが担うことで、空き店舗の活用を推進したい。今回出店した皆さんには、単に商売をするだけではなく、地域コミュニティーとしての役割も常に意識してもらえれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15