みそ大学が洋風スープ開発事業始める

地域の話題

[ 2017年 7月 12日 水曜日 16時27分 ]

002

 伝統的発酵食品のみその健康機能性を広くPRし市場の拡大を図るとともに、新たな発酵食品の開発などを目指す任意団体「みそ大学」(学長・林隆仁マルマン社長)は、飯田女子短期大学との連携による「みそを使った洋風スープ」の開発事業をスタートさせた。使用するみそや具材、味付けなどを同短大のクラブ活動、「ご当地グルメ研究会」と「なべの会」のメンバーらがアイデアを出し合い研究。マルマンが知識面、技術面でサポートし、本年度中の商品化を目指す。

 みその消費拡大に向け、若者、特に女性の感性を生かした新たな商品、新たな料理を生み出そうと、みその製造・販売を手掛けるマルマン(飯田市大通)が同短大に開発を依頼。11日、両クラブのメンバー7人が同社を訪れ、林社長の説明や工場見学を通じ、みその種類やその特徴、製造工程など、みそに関する基礎知識を身に付けながら、商品のイメージを膨らませた。

 林社長は、同社でもかつて洋風みそ汁の研究を進め、牛乳などの乳製品と相性が良いことが分かったなどと紹介する一方で、「長く仕事に携わっていると、どうしても固定観念ができ上がってしまう。若者の自由な発想、柔軟な発想で、私たちの常識を打ち破ってほしい」と期待を寄せた。

 ご当地グルメ研究会の竹入愛彩美さん(19)は、「みそは日常的に食べている身近な食材だったが、製造現場を見学し、生産工程や管理体制を学ぶことで、より深みを感じることができた。味が強いものなので、みそ同士や具材などとの組み合わせを研究し、新たな味を提案できたら」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞