ゆるキャラグランプリで投票呼び掛け

地域の話題

[ 2014年 9月 27日 土曜日 9時43分 ]

 全国のご当地キャラクターが投票で人気を競う「ゆるキャラグランプリ2014」に出場している県の公式キャラクター「アルクマ」と飯田市の「いいだ人形劇フェスタ」イメージキャラクター「ぽぉ」が26日朝、「選挙活動」を兼ねて同市役所を表敬訪問し、市職員らによる応援団から激励を受けた。共に好物というリンゴの差し入れもあり、後半戦への士気を高めていた。

 アルクマは県内77市町村を巡り、投票(10月20日まで)を呼び掛けるキャラバンを展開中。26日は飯田下伊那や上伊那の市町村も訪れ、他のエントリーキャラと健闘を誓い合った。

 同市役所玄関前には午前8時半すぎに「必勝」「闘魂」鉢巻きを巻いたアルクマとぽぉが登場。両者が手足を掲げて決意表明のポーズを決めると、「かわいいー」の声が飛んだ。

 今大会には今月2日の投票開始時点で過去最多の1670体がエントリーし、25日現在の順位はアルクマ63位(2万8023ポイント)、ぽぉ1077位(326ポイント)。昨年(出場1580体)の最終はアルクマ28位、ぽぉ597位だった。

 ことしは県内から57体が、飯田下伊那からは「ベリー&ゴー」(喬木村)、「柿丸くん」(高森町)、「だんQくん」(豊丘村)、「くまぁち」(阿智村)も出場している。

 佐藤健副市長は市農業振興センターが提供したリンゴ「秋映(あきばえ)」を手渡し、順位の上昇を期待。苦戦のぽぉをアルクマが励ます場面もあり、いいだ人形劇フェスタの原田雅弘実行委員長は「地道に“ゆるく”頑張っていますので、清き一票をお願いします」と思いを代弁した。今後、中京方面への出張PRも予定する。

 インターネット投票は1日1回可能。上位100キャラなどが進出できる決選投票と表彰式は11月1~3日に愛知県の「セントレア」で開く。

  

関連の注目記事

powered by weblio