よこね田んぼで「案山子コンテスト」

地域の話題

[ 2016年 7月 27日 水曜日 8時24分 ]

よこね田んぼかかしコンテスト 飯田市千代のよこね田んぼで「案山子(かかし)コンテスト」が始まり、世相を反映した作品や人気キャラクターなどが棚田を活気付けている。投票は9月25日まで受け付け、投票した人の中から抽選で5人に棚田で収穫した米3キロをプレゼントする。

 日本の棚田百選に認定された地域資源の保全活動を盛り上げようと1999年に始まり、ことしで17回目。投票が始まった25日までに9体がお目見えし、近く2、3体が設置される。

 今回は話題の真田丸、原作生誕70周年を迎えたサザエさん、訪れる人を応援するくまモン、風が吹くと回転してダンスを踊る花嫁などがずらり。真田丸は、赤のよろいかぶとに六文銭の旗というそのものずばりの作品のほか、棚田と真田をかけた“棚田丸”もある。

 出品者は公民館の分館や保育園、小学校、婦人学級、地区外の福祉施設など。投票箱と投票用紙はよこね田んぼ近くのトイレ前にあり、結果は10月2日の稲刈り体験・収穫祭で発表する。

 26日は雨の中、かかしを見にくる人が少なくなかった。よこね田んぼ保全委員会事務局の男性は「地域一丸の保全や活性化に対する意識が高く、作品はそれぞれに魅力がある。ぜひ足を運んで投票を」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞