りんごの里でチューリップ祭り開幕

地域の話題

[ 2013年 2月 4日 月曜日 9時09分 ]

 飯田市育良町のJAみなみ信州農産物直売所「りんごの里」で1日、恒例のチューリップ祭りが開幕した。11日まで品種を変えながら、過去最多となる100種3000鉢を販売する。期間中しか入手できない希少種もあり、多くの人でにぎわっている。

 2年ぶり13回目の開催。今回も同市山本の花き生産農家の男性(38)が栽培した厳選のチューリップを並べている。

 今回は日本一の球根の産地として知られる富山県の球根組合が推薦した100種類を取り寄せ、昨年末からハウスで栽培。「ことしは例年以上に寒い日が続いたため、開花を合わせることに難しさを極めた」という。

 黄色や白色など原色のほか、近年人気の複色の品ぞろいも豊富。匂いがあるバレリーナや、小ぶりのサファイヤスターなど珍しい品種も登場し、「毎日違う種類が見られる」という。

 大鉢は750円、小鉢は525円(いずれも税込み)の格安価格で提供している。

 生産農家の男性は「品種が多いので、植物園を見に行く感覚で子どもさんと足を運んでもらえれば」と話していた。

 11日まで。時間は午前9時―午後6時(6日は定休日)。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞