りんご並木にゆるキャラ集結 10周年に「ぽぉ」も感謝

地域の話題

[ 2018年 4月 30日 月曜日 14時30分 ]

10周年記念セレモニーで踊る「ぽぉ」ら

 県内外のゆるキャラ20体余りが一堂に会する、「ゆるキャラ天国inりんご並木」が29日、飯田中心市街地、りんご並木(知久町~通り町・銀座)で開かれた。りんご並木の妖精「ぽぉ」をはじめ、売木村の「うるのすけ」、下條村の「からみん」など、飯田下伊那地域で活躍するご当地キャラが勢ぞろい。ステージ企画や街歩きを通じて来場者らと触れ合い、多くの笑顔を誘った。

 同イベントは、「人形劇のまち飯田」をさらに市民レベルで盛り上げるため、全国の町おこしに関わっているキャラクターを呼び、市街地振興につなげようと開催され、ことし10周年を迎えた。

 今回も、南知多の「フランソワーズびわ」や中津川市の「にゃかつがわ君」、小布施町の「おぶせくりちゃん」など、県内外のキャラクターが応援に掛け付けた他、飯田女子短大の「かみかみ大使カミン」や、飯田OIDE長姫高校定時制の「フーO君(ふーおくん)」・「ナイト・テイ・G(ないとていじー)」・「O3(おーすりー)」も参加し、盛り上げた。

 10周年記念セレモニーでは「ぽぉ」があいさつ。「りんご並木に、いろいろなところからたくさんの友だちに来てもらいたいと、2009年に始まり、今ではこんなにたくさんのお友だちに来てもらえるようになった」と感謝した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)