りんご並木を花で彩る チューリップ約6000球植える

地域の話題

[ 2016年 12月 7日 水曜日 15時55分 ]

チューリップの球根を植える生徒ら

 りんご並木に花を植える会(原勉会長)と飯田東中学校の1年生、周辺企業や地域住民ら120人余りが6日、りんご並木にチューリップの球根約6000球を植えた。合わせてパンジーの花苗500株も植栽。来春、きれいな花がりんご並木を彩る中、多くの人らが憩う姿を思い浮かべ、約1時間半にわたり作業に汗を流した。

 2002年から続く恒例の作業。毎年春に開かれる「飯田やまびこマーチ」の頃には、赤、黄色、ピンクとかわいらしい花が咲きそろい、参加者らを楽しませている。

 この日は、土を約30センチの深さに掘り、ことし5月に同所から採取した球根に、新たに購入したものも加えて植えた他、芽が出るまで踏まれないようにと、球根の間にパンジーの苗を植え付けていった。また、ことし初めて、通り町に面する噴水の近くにアヤメの植栽も行った。

 同会の島田洋治副会長(62)は「活動を継続することで、りんご並木にチューリップが咲くことがだいぶ浸透し、楽しみにしてくれる人も増えてきた。もっともっと色々な花を増やし、1年中花が楽しめる場所にしていきたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号