アユの試験採捕

地域の話題

[ 2010年 6月 9日 水曜日 8時48分 ]

 飯田市松尾明の下伊那漁業協同組合(宮島幹夫組合長)は7日、12日のアユの友釣り解禁を前に試験採捕を行った。天竜川本流をはじめ、各地の支流など12カ所で友釣りや投網を行い、アユの成長を確認した。

 同組合はことし、5月と7月に分け、昨年より1トン少ない6トンのアユの稚魚を放流。5月には5回にわたり、天竜川本流及び支流に3・4トンの稚魚を放流した。

 この日は各地合わせて約50匹を捕獲。松川下流域や和知野川(和合)では18・5センチ50―65グラムと上々のサイズが確認されたが、天竜川本流では、松川町宮ケ瀬橋付近の16センチ、30グラムが最高だった。

 同組合では、「支流の生育状況は順調そのもの。魚影も多く見られる」と笑み。一方本流では、低温や白濁の影響などによりアユのエサとなるコケが育たず、アユの生育も若干遅れ気味。とはいうものの「ほぼ例年並みの状態」と安堵していた。

 宮島組合長は「気温がなかなか上がらないなど、天候的には悪条件だったが、思った以上に順調に生育している。伝染病もなく、場所によっては大物も狙える。12日の解禁後には、ぜひ多くの人に楽しんでもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞