アルプスフォーラムが総会 「郡市民集うリニア検討の場を」

地域の話題

[ 2013年 5月 25日 土曜日 14時31分 ]

 南信州アルプスフォーラム(松澤徹会長)は23日、飯田市錦町のシルクホテルで2013年度総会を開いた。会員ら約25人が参加。リニア中央新幹線の駅位置と路線が明確となる本年度は、リニア開通が地域にとってプラスになるよう、多くの郡市民が一緒になって検討できる場を設け、成果へと結びつけることを誓い合った。

 議事のうち、12年度事業報告によると、リニア飯田駅が郊外駅となったことを受け、これまで現飯田駅併設を前提に進めてきた研究を白紙に戻し、新たな理念を構築。またワークショップを実施し、市民会議(仮称)の設置とそのイメージ図を作成し行政に提言し、13年度に同会議が設けられる見通しとなった。また、2年前に開業した九州新幹線の駅および周辺地域の視察報告では、「中間駅のまちが発展するのには多くの困難が伴う」と結論付け、「もろ刃の剣であるリニアをどうまちづくりに生かしていくのか、私たちの覚悟と知恵の創出が求められている」とした。

 13年度は「リニア&いいだの広域まちづくりを考えるプロジェクト」を推進。全体勉強会を開催するとともに、先進地視察など学びの場を設ける。また、飯田市により開催される見通しの市民会議に参画し、多くの郡市民とともに将来を考えていく。

 松澤会長は「間もなく発足から20年の節目を迎える。会のあり方についても検討を進めていければ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞