インドアプレーン製作講座が開講

地域の話題

[ 2011年 9月 17日 土曜日 9時22分 ]

 飯田精密機械工業会と飯田電子工業会は飯伊地場産業センターと共催で15日、飯田産業技術大学「インドアプレーン製作講座」を開講した。インドアプレーンを研究テーマに取り組む飯田工業高校コンピューター制御部の生徒たちがサポートするなか、製造業からの参加者らが製作に取り掛かった。10月1日に開催される「インドアプレーンフェスタin飯田」に参加する。

 同プレーンの魅力を伝え、ものづくりの楽しさに触れることが目的。その製作では高い技術力を誇る同校の教諭(49)が講師を務め、すでに部活動で完成までを製作済みの同校1年生3人も助手として参加。新たに技術を学ぼうと地元製造業6社から7人が参加した。

 製作する同プレーンは教諭が設計を手掛け、下條村睦沢のエス・アイ・テックが部品をキット化したもの。3日間の短期講座のため赤外線送信機は完成体を使い、付属の受信機やモーター、プロペラ、機体の主材料となる発泡ポリプロピレンなどを組み合わせて完成させていく。

 型紙づくりから始まった初日。教諭は「飯田発のインドアプレーンとして国内外に広めたい」と意気込みを語り、サポート役を務めた同校の男子生徒(16)は「安定性を確保するのが難しい。楽しさが広がればうれしい」と年上の参加者らに丁寧にアドバイスした。飯田精密機械工業会の矢崎隆司会長は「ことしも大勢の参加を得てフェスタを開催したい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞