オリジナルフレーム切手の販売開始

地域の話題

[ 2014年 9月 13日 土曜日 9時53分 ]

 日本郵便信越支社は12日、オリジナルフレーム切手「天竜ライン下り」の販売を開始した。天龍峡・天竜ライン下りの四季折々の写真10枚を切手にし、1シート(82円切手5枚、52円切手5枚)1080円で販売。舟からの投網の様子をはじめ、桜や紅葉など、季節に応じて違った表情を見せる渓谷美を楽しめる。

 天竜ライン下りが来年50周年を迎えることを知った同支社は、天龍峡のPRと節目の年の記念を兼ねて、運行を手掛ける天竜ライン遊舟(飯田市龍江)にオリジナルフレーム切手の作成を提案。同社から写真の提供を受け実現した。

 切手を通じ、地域の魅力発信を目指す同支社では、これまでにも飯田下伊那地域において、「下栗の里」や「元善光寺ご開帳」などを題材にしたオリジナル切手を手掛けている。

 飯田郵便局窓口営業部の部長は「ぜひ多くの人に使っていただき、全国各地に地元をアピールしていただければ」と話している。

 販売郵便局は、飯伊の一部簡易郵便局をのぞく54局。販売部数は1000部を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞