キンポーメルテックがモノづくりコンテスト最優秀賞

地域の話題

[ 2010年 10月 30日 土曜日 8時09分 ]

 このほど開かれた日本小型工作機械工業会主催の「100年に一度“め”のモノづくりコンテスト」で、精密板金、金属塗装のキンポーメルテック(野沢稔弘社長)=飯田市三日市場=が出品した加工品「トンボ」が最優秀賞を受賞した。これまでの一般的なレーザー加工では限界とされる厚さ0・3ミリを大幅に上回る0・03ミリのステンレスカットを実現した。

 トンボは、レーザーと水を駆使して作り上げた特別な加工機でステンレスを厚さ0・03ミリから0・1ミリに切断して作り上げた20の部品を組み合わせた。薄さに加え、トンボの自由曲線をリアルに表現したことが評価につながった。

 4年ほど前にレーザー加工の薄さを追及する同社が、ウォータージェット切断加工などを手掛けるスギノマシン=富山県=に依頼。09年に完成して同社100%子会社の軟加工技術を研究開発するシムノンに搬入された。

 水で冷やしながら加工するためひずまないのが最大の特徴。そのため化学反応を起こしにくくマグネシウムも切断可能なほか、反射素材も加工できる。現在までに約20種類の金属加工を行い、切断可能な金属のデータを蓄積しているという。

 安価で良品質、短納期だが、大量生産には向いておらず、研究開発機関からの依頼が多いとし、すでに自動車や液晶、半導体関連から受注を得ている。ほかにも燃料電池、原子力関連などでも交渉中という。トンボ自体も注目されており、組み立てやすいよう改良を加えた後、キットでの販売を検討している。

 野沢社長は「企業が生き残っていくための新たな技術開発。加工機とソフト力、組み立てる部分で評価してもらった。これをきっかけに受注先を拡大できれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞