コロナに負けず「子どもに夢を」

地域の話題

[ 2020年 12月 2日 水曜日 15時02分 ]

 飯田OIDE長姫高校の「高校戦隊テックレンジャー」と松本市の信州大学付属松本中学校の3年D組(38人)の「松本戦隊マッチュージャー」は11月29日、かざこし子どもの森公園(同市丸山町)で合同ショーを開いた。

 マッチュージャーはテックレンジャーを参考に昨年誕生。今回のショーは、新型コロナウイルスの影響で活動ができない同中の生徒が、テックレンジャーにメールで相談したことがきっかけになった。それぞれが30分ほどのショーを上演。訪れた家族連れを楽しませた。

 マッチュージャーは悪の組織「デストロイヤー」から松本の平和を守るため、ヒロイン5人が街中をパトロール。劇中では松本の特産品や観光名所をコミカルに紹介しながら、悪を退治した。

 テックレンジャーは7人の戦士が登場。ウリャン星の侵略者から地球を守るストーリーで、ヒーローはキレのある動きで、ヒロインはしなやかな動作で観客を魅了した。子どもたちにゲームのやりすぎ注意を呼び掛け、手品や風船爆弾などの多彩な演出もした。

 両校は10月末に「地球防衛WEB作戦会議」を実施。最初で最後となる今回の公演に向けて、松本中の生徒たちは衣装の作り方や戦いシーンのタイミングのとり方などをテックレンジャーに熱心に質問し、ヒーローの極意も学んで本番に備えた。

 テックレッド役の部長(18)は「ヒーローは子どもに夢を与える存在。初の合同ショーでそれぞれのヒーローの良さを伝えられて良かった」と振り返り、松本中の生徒らは「ショーを通じて松本の魅力を伝えるのが目的。憧れのテックレンジャーとの合同ショーで、自分たちも楽しみながら達成できた」と笑顔で話した。

◎写真説明:子どもたちもヒーローを応援

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞