コロナ収束の願いも込め

地域の話題

[ 2020年 12月 17日 木曜日 15時18分 ]

 飯田市時又の時又壮年団(前沢良寛団長)が、地区に配る正月飾り作りに取り組んでいる。地区住民が良い年を迎えられるようにと願いを込め、製作に励んでいる

 毎年恒例の活動で、前沢団長によると30年以上は続いているという。注文のあった区民に販売し、今年は約200個を作成した。

 6日に製作を開始。わらの先を結んで束にし、しめ縄を作った。

 16日は11人が時又公民館に集まり、しめ縄を編んだ。2人一組になり、一人が足でわらの束を固定。三等分にすると、うち2つを左縄で編んでいった。さらにもう一つを編み込んでいき。輪っかにして、飛び出たわらを切って整えた。

 今後はしめ縄に松やさがり、おやすを組み込み、水引飾りや御幣を飾っていく。今年は新型コロナウイルスの収束を願い、「疫病退散」と記し、アマビエを描いた札も付ける。水引飾りは3つのグレードを用意した。

 前沢団長は「毎年恒例の取り組みで、仲間とのコミュニケーションの場にもなっている」とし、「来年はコロナが収まり、地区の皆さんにとって来年が良い年になれば」と願った。

◎写真説明:2人一組で縄をなう時又壮年団のメンバー

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞