コロナ終息の思い込める

地域の話題

[ 2020年 12月 28日 月曜日 15時17分 ]

 大みそかを前に、喬木村伊久間の法運寺で27日、二年参りに訪れる人たちをろうそくの明かりで迎える灯明飾りの準備があった。31日は境内や墓地に並べて午後10時に火をともす予定で、来年元日の午前2時頃まで楽しめる。

 灯明づくりは、広沢勝則住職(83)が1996(平成8)年に始めて以降、毎年続けている。天竜川対岸の飯田市や高森町からは山腹にある寺が燃えているようにも見え、地域の風物詩として定着している。

 今年も盛大に飾り付けようと、この日は檀家ら約30人が参加して計1900個を手作りした。ペットボトルと竹の2種類があり、上部を切りそろえた空のペットボトルと斜めに切った長さ50センチほどの竹を用意。約2時間ほどかけて全てにろうそくを立て、砂利などを入れて固定していった。

 総代長の横前豊さん(71)は「毎年さまざまな思いを込めて灯明を準備するが、ことしは新型コロナウイルスの終息を願った。来年は平穏な年になれば」と話した。

 完成した灯明は参道や境内など寺一帯に並べる他、500個のペットボトルを使って「卍」の文字を表現する。寺の周囲には街灯がほとんどないため境内は真っ暗となり、一帯に散りばめられた灯明が幻想的な光を放つ。広沢さんは「11時ごろが一番きれいに見える。訪れる場合は基本的な感染防止対策を徹底して」と呼び掛けている。

◎写真説明:灯明飾りを用意する檀家ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞