トップヒルズでイルミネーション

地域の話題

[ 2016年 11月 19日 土曜日 14時27分 ]

002本町

 飯田市本町のトップヒルズ界隈で18日、冬期限定のイルミネーションが点灯された。青を基調に白や緑、オレンジなど約2万5000個のLED電球が光輝き、周囲を幻想的に照らしている。

 

 飯田まちづくりカンパニーが主催する恒例のイベント。ことしも、トップヒルズ関係のビルや第2飯田信金前広場(本町側)の建物、街路樹などが電飾をまとった。飯田信金前広場の階段部分は、高森町山吹出身のプロスノーボーダー安藤輝彦さんが担当。階段部分をはじめ上部に植樹された木のデコレーションまで、設置箇所や電球の色使いなどを考慮しながら、繊細に飾りつけられた。

 

 周囲が暗くなる午後5時過ぎに点灯が始まると、幻想的な灯りに引き寄せられた学生や親子連れらが足を止め、「きれい」と感嘆の声を上げながら写真に収める撮る姿も見られる。

 

 同イルミネーションは来年1月13日まで、毎日午後10時ごろまで行われる。来月22日には、ゴスペルクワイア「オー!ハッピーボイス」によるクリスマスコンサート(午後6時15分~)が同所で行われる。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号