ドローンで負担軽減 空中から除草剤散布 高森町吉田

地域の話題

[ 2017年 6月 21日 水曜日 16時37分 ]

ドローンによる除草剤散布(高森吉田)

 高森町吉田の農業組合法人フクロウ(鈴木守男代表)は19日、所有する農地で、ドローン(小型無人機)による除草剤散布を行った。

 体力的な衰えから田んぼに入っての除草剤散布がつらくなり、農薬散布用のドローンの導入を決めた。県の元気づくり支援金を活用してドローンを購入、1月に免許を取得した。

 農地14ヘクタールのうち3ヘクタールについて、この日はドローンを飛ばし、2メートルの高さから除草剤をまいた。

 使用したドローンの機体重量は6・5キロで、バッテリー2本で約10分間飛行しする。下部のタンクから粒剤を50アール、液剤なら60アール散布することができる。

 ドローンの利点について、指導・監督に当たった業者は「操作が簡単で、中小規模の田んぼでも散布を行うことができる。ダウンウォッシュによる下降風も弱く、農作物への影響もない」と語った。

 鈴木代表は「バッテリーの持続時間など、まだまだ課題も多いが、高齢化する農家の負担を軽減するドローンは非常に有用」と期待を寄せ、「将来的には農家の依頼を受けて、ドローンによる農薬散布を行いたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10

手遊びやダンスを 「にこにこステージ」に120組

9月14日金曜日15:19

コスタリカに熱い声援 サッカー観戦し交流も深める 松川町

9月13日木曜日15:43

特産「三紀層大根」種まき 2カ月後の収穫に思い馳せ 阿南町富草小

9月13日木曜日15:24

南部5町村の青年農業者が交流会

9月12日水曜日15:02