ドローンの可能性探る 平谷村で講習・体験会

地域の話題

[ 2017年 8月 30日 水曜日 15時06分 ]

ドローンを体験する参加者

 平谷村は29日、愛知県のドローンスクールジャパン愛知春日井校(梅原丈嗣代表)の協力で、無人航空機(ドローン)の講習会と体験会を平谷高原スキー場などで開いた。飯田下伊那などから40人ほどが参加し、ドローンが秘める無限の可能性を探った。

 村交流ホールで開いた講習会では、ドローンを巡る昨今の情勢について、ドローンスクールジャパンの加地晃尚さんが講演した。ドローンは、農薬散布や建築物などの点検、宅配など54業種での活用が進む。市場規模は60兆円となる見通し。2020年に14万人のプロ操縦士が必要だが、圧倒的に人手が不足している。

 一方で、航空法による法規制により、国交省へ飛行許可申請をするには条件を満たす講習の受講が必要になる。講習では機械の構造把握や点検整備、関連法の学習はもちろん、センサーやGPSが故障していても安全に操縦できる技術を習得するという。

 体験会では平谷高原スキー場のドローンパークで、実際に小型のドローンで操縦を体験した。飯田市から参加した男性(50)は「家屋を上部から調査する場合などに十分利用価値がありそうだ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞