ドーム菊で天龍峡を彩る

地域の話題

[ 2020年 10月 31日 土曜日 14時16分 ]

 飯田市川路7区の住民らが、天龍峡の駅前商店街や公園などにドーム菊を並べ、訪れた観光客の目を楽しませている。

 ドーム菊の展示は、天龍峡駅近くのメイン通りを花で彩り明るくしたいと「天龍峡相生(あいおい)花いっぱい運動有志の会」(牧内文弘会長)が始め、4年目になる。

 天竜峡駅やメイン通り沿いの商店街、民家には赤や黄色など245鉢もの菊が並べられ、姑射橋広場付近には「秋の彩展」として227鉢が飾られている。

 花いっぱい運動有志の会は川路7区の住民約30人で構成。5月に挿し木をし、6月に3軒から無償で借りた畑に定植。10月下旬に鉢に移した。育てた菊は計738鉢にもおよび、212鉢は地区住民に買ってもらい、54鉢は天龍峡マルシェで売った。

 色は赤や黄色のほかにピンクや紫、白や橙など多岐にわたり25種類におよぶ。同会事務局の中島良彦さんによると、今年は開花が2週間ほど遅いという。

 中島さんは「ドーム菊は重いが、住民の皆さんが配置を手伝ってくれ、水やりもしてくれている」と感謝し、「今は黄色がちょうど見頃。今後は赤や紫などが咲き始め、11月いっぱいまで長く楽しめる。紅葉と一緒にぜひ見に来てほしい」と話していた。

◎写真説明:姑射橋広場の碑の前に飾られたドーム菊

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞