ネバタゴガエル新種登録 学名に根羽の地名も

地域の話題

[ 2014年 12月 24日 水曜日 13時33分 ]

 「ワン」と鳴くカエルとして知られる「ネバタゴガエル」の新種記載論文が20日、フランスの両生類学の専門誌「alyytes」に掲載された。「Rana neba」という根羽の地名を含んだ学名で登録され、今後発刊される図鑑などでも正式に新種として扱われることになる。

 ネバタゴガエルは、北里大学医学部の龍崎正士さんらが研究を重ね2005年に欧米の両生類の学会誌に新種として発表。龍崎さんはその後も研究を続けたが、正式に新種として登録する新種記載論文の完成を前に昨年5月に亡くなった。

 龍崎さんの飼育したカエルは根羽村の茶臼山高原両生類研究所カエル館(熊谷聖秀館長)へ引き取られ、研究や論文は龍崎さんの大学時代の先輩で福岡教育大学名誉教授の倉本満さんに引き継がれた。

 倉本さんは、龍崎さんの交配や染色体調査による研究成果に加えて、自身の専門分野である音声研究からも新種であることを示し、新種記載論文を完成させた。

 ネバタゴガエルは、06年に根羽村天然記念物に指定され、村内各店舗前にチェーンソーアートが置かれるなど、村のシンボルとして幅広く親しまれてきた。新種登録を受け、大久保憲一村長は「村の天然記念物として絵本や俳句の公募などを通じて村づくり、村のPRにも活用されてきた。学名に根羽の地名を入れてもらったのは大変うれしい」と喜んだ。

 カエル館の熊谷館長は「今後発刊される図鑑にも新種として掲載される。学名に地名を取り入れてもらったことに感謝したい。現在シーズンオフで当館は休館中だが、来春多くの人が来てくれることを願う」と話していた。カエル館は、来年4月25日にオープンする。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26