ピカピカの1年生が祈願

地域の話題

[ 2020年 4月 2日 木曜日 15時24分 ]

 大宮諏訪神社(飯田市宮の前)で1日、入学児童奉告祈願祭があり、この春新1年生になる児童6人とその家族が参加した。

 祈願祭は、新1年生の安全と健康を願い、毎年4月1日に開いている。この日は、東野、丸山、橋北地区の氏子を中心とした新1年生が集まった。真新しい一張羅に身を包み、色鮮やかなランドセルを背負った児童たちは、厳かな雰囲気の中で祈願祭に臨んだ。

 参加家族は1組ずつ手を合わせ、学校生活の安全と健康を祈願した。祈祷が終わると子どもたちには、市原日貴宮司(37)からお守りと札、記念品の色鉛筆が贈られた。

 春から丸山小学校に通う男子児童(6)は「緊張した。入学したら、サッカークラブに入りたい。お兄ちゃんともサッカーをしようかな」と、兄(11)と顔を見合わせながら笑った。

 母親(40)は「新型コロナウイルスの影響による行事の延期や中止に不安はあるが、みんなが元気に過ごせたら」と話した。

◎写真説明:大きなランドセルを背負い手を合わせる児童と保護者

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     









記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞