フクシマを忘れない 飯田で脱原発、再稼働反対のデモ

地域の話題

[ 2017年 3月 13日 月曜日 15時36分 ]

脱原発を訴えるデモ行進(アップルロードで)

 東京電力福島第一原発事故から11日で6年。今も原発事故は収束していないのに原発再稼働を急ぐのはおかしい―と声を上げる「3・12フクシマを忘れないサウンドデモ&ウオーク」(実行委員会主催)が12日、飯田市内であった。

 

 毎週金曜日の朝、アップルロードと運動公園の交差点で運動を続けている「脱原発アクションいいだ」や、同じく鼎中平の健和会前で午後6時から原発ゼロの願いを訴えている「キンキラ行動実行委員会」、新日本婦人の会、飯伊地区労連など15団体が賛同。約200人(主催者発表)が参加した。

 

 北方公園でオープニングライブ(ラッパーYUUYAとTAIRAほか)を開催。太鼓やタンバリンなどを打ち鳴らして盛り上がった集会であいさつに立った唐澤慶治代表(73)=同市長野原=は「いまも福島県民約8万人が避難生活を余儀なくされている。3月末には帰還困難区域以外の地域の避難指示が解除されるが、商店や病院、学校などは整わず、住民は不安を抱えている。早く幕引きし無かったことにしようというのはとても許せるものでない」と訴えた。

 

 続いて、リレートークが行われ、集会に駆けつけた中川村の曽我逸郎村長が「避難生活の支援が打ち切られる。国民のためを考えない政治になっている。今日のようなかたちで示していくことが本当に大事」と強調。賛同団体の代表は「原発反対の思いを強くした。飯田から脱原発を発信していこう」「原発はいらない。しっかり声を上げていこう」などと口々に呼び掛けた。

 

 集会では、政府に①すべての原発を廃炉にし、早急に原発に頼らない自然エネルギーへの転換をはかる②浜岡原発を再稼働しない―ことを強く求めるとするアピール文を宣言。音を鳴らし、自前のプラカードを掲げて、北方公園からアップロードを名古熊のアピタまでデモ行進した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号