フクシマを忘れない 飯田で脱原発、再稼働反対のデモ

地域の話題

[ 2017年 3月 13日 月曜日 15時36分 ]

脱原発を訴えるデモ行進(アップルロードで)

 東京電力福島第一原発事故から11日で6年。今も原発事故は収束していないのに原発再稼働を急ぐのはおかしい―と声を上げる「3・12フクシマを忘れないサウンドデモ&ウオーク」(実行委員会主催)が12日、飯田市内であった。

 毎週金曜日の朝、アップルロードと運動公園の交差点で運動を続けている「脱原発アクションいいだ」や、同じく鼎中平の健和会前で午後6時から原発ゼロの願いを訴えている「キンキラ行動実行委員会」、新日本婦人の会、飯伊地区労連など15団体が賛同。約200人(主催者発表)が参加した。

 北方公園でオープニングライブ(ラッパーYUUYAとTAIRAほか)を開催。太鼓やタンバリンなどを打ち鳴らして盛り上がった集会であいさつに立った唐澤慶治代表(73)=同市長野原=は「いまも福島県民約8万人が避難生活を余儀なくされている。3月末には帰還困難区域以外の地域の避難指示が解除されるが、商店や病院、学校などは整わず、住民は不安を抱えている。早く幕引きし無かったことにしようというのはとても許せるものでない」と訴えた。

 続いて、リレートークが行われ、集会に駆けつけた中川村の曽我逸郎村長が「避難生活の支援が打ち切られる。国民のためを考えない政治になっている。今日のようなかたちで示していくことが本当に大事」と強調。賛同団体の代表は「原発反対の思いを強くした。飯田から脱原発を発信していこう」「原発はいらない。しっかり声を上げていこう」などと口々に呼び掛けた。

 集会では、政府に①すべての原発を廃炉にし、早急に原発に頼らない自然エネルギーへの転換をはかる②浜岡原発を再稼働しない―ことを強く求めるとするアピール文を宣言。音を鳴らし、自前のプラカードを掲げて、北方公園からアップロードを名古熊のアピタまでデモ行進した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

東京大会へ期待膨らむ 松川北小で五輪・パラ「フラッグツアー」

1月19日金曜日15:22

清流苑に「つるしびな」2500体 手作りの人形華やぐ 松川町

1月19日金曜日15:51

地権者らに組合加入を依頼 リニア予定地の上郷北条・丹保地区

1月18日木曜日15:11

三遠南信道で衝突事故 4人を病院に搬送

1月18日木曜日15:09

元気に踊って表現力を 千代小でダンスパーティー

1月18日木曜日15:00

地元の酒や公演楽しむ 大人対象に人形劇講座

1月17日水曜日16:34

「冬至梅」ほころび始める 春告げる天龍村で3分咲き

1月17日水曜日16:33

飯田市上村、地区の魅力をSNSで発信 フェイスブックの公式ページ開設

1月17日水曜日16:02

鼎→桜町 「願いかなえて桜」切符が人気 受験シーズン迎え

1月16日火曜日16:17

候補地情報の調査開始 体育施設とコンベンション施設 南信州広域連合

1月16日火曜日15:34

「東京五輪で使って」 天龍中生が村産杉で手作りのハンガー

1月16日火曜日15:46

フラッシュ禁止で味わい深い祭り復活 阿南町新野の雪祭り

1月15日月曜日15:57

小集落ながら県内最大級 千代・法全寺で御火

1月15日月曜日15:37

オケ友、10周年迎え「考える会」開く 成果や方向性探る

1月15日月曜日15:31

飯田市下瀬で星火会を開く

1月13日土曜日13:44



南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号