フクジュソウ早くも開花 高森町

地域の話題

[ 2018年 12月 28日 金曜日 15時57分 ]

 高森町下市田の林清志さん(63)方の庭先の斜面で、鮮やかな黄色の花を付けるフクジュソウが開き始めた。例年に比べ10日から2週間ほど早いといい、「こんなに早く咲くのは初めて」と驚いている。

 南向きの緩やかな斜面の幅10メートルにわたって200株ほどが自生し、うち数株で色を付ける。28日は咲き始めた花が雲間からのぞく日差しを浴び、静かに風に揺れていた。

 林さんは「12月に入ってから暖かい日が続き、生育が早まったのでは」とみた。庭に植わる寒梅の開花も早く、見ごろを迎えている。

 林さんの父、安一さん(93)が20年ほど前から、自生していたフクジュソウを株分けしながら徐々に増やした。

 フクジュソウはキンポウゲ科の多年草。太陽の光を浴びて開き、夕方になると閉じる。多数ある花弁は黄金色で光沢があり、日が当たると輝く。旧正月に咲くことから「元日草」の別名を持つ。

 春を告げる花として知られ、例年だと2月中旬まで楽しめる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞