プロジェクト農愉快がスタート

地域の話題

[ 2011年 4月 15日 金曜日 14時41分 ]

 飯田市が市民の総健康と生涯現役を目指して策定した「地域健康ケア計画2011」の7つの重点プロジェクトのうち「高齢になっても地域で安心して暮らせるための支援」のリーディング事業と位置づける「プロジェクト農愉快」が14日、スタートした。スタッフを兼ねた2人を含め参加者8人がグループをつくり、農作業を柱として生きがいと健康づくりに取り組む。また、ブログを立ち上げて情報発信も行う。

 この日は、全員で活動する「全活」を行った。参加者は鼎公民館に集合し、血圧測定と体力測定、オリエンテーション・自己紹介、モーニングストレッチをした後、鼎中平の遊休農地(約550平方メートル)へ移動。共同で野菜づくりを行うモデル区画にジャガイモの植え付けをした。隣接する遊休農地を借りて貸農園をしている男性から農業指導を受けながら、年間計画に基づき、季節に合った野菜づくりに取り組む。

 全活は2週間に1回程度のペースで行うほか、参加者が個々に作業できるよう設けた区画で自由に野菜づくりを行う。鼎下山から参加した女性は「福島県双葉町から飯田へ来て32年。東日本大震災で郷里も被災し、同じような年頃のみなさんが避難生活を送っている。私もしばらく外に出ていなかったが、今日は全くやったことのない野菜づくりを行い、元気になります」と語った。

 また、松尾毛賀から参加した男性は「昨年3月まで仕事をしていたので、やめてから手持ち無沙汰で何かやりたいと思っていた。ことしから書道と野菜づくりを80の手習いで楽しみたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞