ペルセウス座流星群見えた

地域の話題

[ 2020年 8月 13日 木曜日 13時58分 ]

 3大流星群の1つ「ペルセウス座流星群」が11~13日に見頃を迎えている。ピークとされる12日には、阿智村の浪合パークで観賞会があり、定員の50人が参加。東海圏を中心に関東や関西からも観光客が足を運び、流れ星を観測して歓声を上げた。

 パークの「星兄(ほしにい)」こと田端英樹さん(58)が案内人を務めた。広場に集まった参加者らに田端さんは「少し雲が出ているが、半月なので星を見るには絶好の光の加減だ」と話し、レーザーポインターを使って北の極星「北極星」の見つけ方や、さそり座といて座の間を流れる天の川の場所を説明。時々流れ星が流れると、参加者らは「見えた!」「きれい」などと声を上げて盛り上がった。

 観賞会が終わるころには雲が晴れ、一面の星空が広がった。田端さんが「寝転がって視野を広げてボーッと見ると良く見えるかも」とアドバイスすると、参加者らは仰向けになったり、場所を移ったりして、自由に星空の観賞を楽しんだ。

 埼玉県から訪れた男性(35)は「10個くらい見えた。星にはロマンがあって良い」と笑顔。同県の女性(27)は「普段空を見上げることがないのでじっくり見てみるときれい」と話し、名古屋市の女性(22)は「人生で初めて流れ星を見たので感動した」と語った。

 田端さんによると「ペルセウス座流星群」は11~13日が見頃で12日の午後10時過ぎにピークを迎えた。最大で1時間に20個ほどの流星を確認できるという。

◎写真説明:観賞会の様子

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞