ボーイスカウト飯田第1団が全国大会での成長誓う

地域の話題

[ 2013年 3月 28日 木曜日 16時06分 ]

 夏に山口市で開かれるボーイスカウトの全国大会「第16回日本ジャンボリー」に、県代表の一員として参加する日本ボーイスカウト県連盟飯田第1団の隊員たちが26日、飯田市役所の牧野光朗市長を訪れ、意気込みを語った。

 4年ごとに開く同大会はボーイスカウトの国内最大のキャンプイベント。ことしは7月31―8月8日の9日間、野営をしながら、会場の「きらら浜」を生かしたマリンスポーツなど多彩なプログラム体験や交流活動を繰り広げる。

 飯田第1団から参加するのは、新年度に中学1年―大学1年の年代となる16人と成人リーダー3人。16人は昨年の書類選考と面接で県代表72人の一員に選ばれた。県内29の団別で飯田第1団が最多という。

 飯田高を卒業し、4月から金沢大に進む隊員(18)は市長訪問で「海外からも多く参加するのでコミュニケーションをしっかり取り、普段の生活とは違う経験をたくさんしたい。プロジェクトに奉仕に楽しく元気に参加したい」と力強く決意を語った。

 牧野市長は「飯田の代表であることを胸に刻み、各自がいろいろな人と交流し見識を広めてほしい。ボーイスカウトの精神を発揮して」と期待。飯田第1団団委員長の福澤勝さん(64)は「9日間のキャンプ経験はなかなかできない。成長して帰ってきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞